師任堂(サイムダン)色の日記-登場人物とキャスト&相関図

2019年7月13日

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録しませんか!

韓国ドラマ-師任堂(サイムダン)色の日記 <完全版>-あらすじ-ネタバレ
韓国ドラマ-師任堂(サイムダン)色の日記 <完全版>-登場人物とキャスト&相関図
師任堂-色の日記のキャストと相関図も紹介でネタバレ!!
DVDも動画も人気の師任堂-色の日記!
BSで放送予定の最高視聴率16%超えの師任堂-色の日記をネタバレ!
人気のオススメの韓ドラ!師任堂-色の日記の人物相関図をネタバレ!



スポンサーリンク


☆ 師任堂(サイムダン)色の日記-概要 ☆

本作は、韓国の高額紙幣5万ウォンの肖像画で知られる申 師任堂(シン・サイムダン)の人生を描く時代劇。
主演を務めるのは、最高視聴率50%超え、全世界90カ国に輸出、日本をはじめ世界中で韓流ブームを巻き起こした「チャングムの誓い」以来13年ぶりのドラマ復帰となるイ・ヨンエ。
天才画家・申師任堂と、現代を生きるワーキングマザー・ジユンの一人二役を熱演!

そして、イ・ヨンエの相手役を務めるのは、日本をはじめアジア中で長年人気韓流スターとして愛されているソン・スンホン!初めての正統派時代劇出演となる彼が演じるのは、サイムダンと結ばれないと分かっていながらも、一途に、そして生涯に渡りひたすら愛し続けた王族であり天才画家イ・ギョム。
美しいながらも精悍なまなざし、優しい一面から芸術の才能に満ちたワイルドな一面まで様々な姿を披露し彼の新たな代表作となった!

「宮~Love in Palace」「花より男子~Boys Over Flowers」など数々の大ヒット作を生み出したグループエイトが100%事前制作。
演出を担うのは「太王四神記」はじめ、事実とフィクションを混ぜ合わせた完成度の高い時代劇作品を手がけてきたユン・サンホ。
また、様々な作品で、女性の生き方を徹底的な研究を通じて生み出したリアルな表現で描いてきたパク・ウンリョン作家が脚本を担当。

そして、朝鮮芸術の世界観を彩る美術を監修するのは、韓国の名立たる美術研究家やアーティスト達。
最高のスタッフが集結し、申 師任堂の作り出した豊かな世界を圧倒的な映像美で見事に表現。
事実とフィクションが絶妙に混じり合う、壮大な時代劇を誕生させた!
芸術家として、母として、女として…。
“良妻賢母の象徴”と呼ばれた女性の、真の姿と隠された愛とは…。

☆ 師任堂(サイムダン)色の日記 あらすじ ☆

大学で韓国美術史の非常勤講師を務めるジユン(イ・ヨンエ)は世紀の発見と言われる絵画「金剛山図」の発表を任せられるが、ジユンの一言から偽作疑惑が持ち上がってしまう。
そんな中、ジユンは教授就任をかけた重要な学会に出席するためイタリアに向かい、そこで偶然古い日記を手に入れる。
本に押された印を手掛かりにある古城を訪れると、そこには自分そっくりの女性が描かれた「美人図」があった。
美人図と日記を持ち帰る研究を進めるジユン。
日記には2人の芸術家サイムダン(イ・ヨンエ/二役)とイ・ギョム(ソン・スンホン)の切ない愛の記録が記されていた。
そして日記を読み進めるうちに、金剛山図の真作に関する秘密も記されていて…。



スポンサーリンク


師任堂(サイムダン)色の日記-登場人物とキャスト&相関図

韓国ドラマ-師任堂(サイムダン)色の日記 <完全版>-登場人物とキャスト&相関図-朝鮮時代
韓国ドラマ-師任堂(サイムダン)色の日記 <完全版>-登場人物とキャスト&相関図-現代

【登場人物紹介】

師任堂(シン・サイムダン)-朝鮮時代

ソ・ジユンが発見した「壽進坊(スジンバン)日記」を書いた主人公で、絶対色感を持っている天才画家。
彼女の目に映っているこの世の中は数えきれない鮮やかな色でできているのに、市場で売っている絵の具は色数も少ないしいつも何かが足りなかった。

そのため彼女は山から川へ海へ今まで見たことのない色を作り出すため走り回った。
彼女の唯一の楽しみは天然素材から得た色を組み合わせ新しい色を作ることだった。
彼女は朝鮮中期に‘女’として生まれた。
‘女’だからやってはいけないことも多く、夢見る事さえも許されない時代。
だが理想主義者だった彼女の父のおかげで、‘女’と言う性別が足手まといにならない幸運な環境で育った。

そんなある日、アンギョンの「金剛山図」が見たくてその画が有る家の壁を超えた時サイムダンは運命のように1人の少年イ・ギョムと出会った。
イ・ギョムが持って来た「金剛山図」を見て、彼と一緒に色を作りながらサイムダンはイ・ギョムと魂が通じ合うのを感じた。
そして、一緒に芸術に対して話すことができて、話が通じ合うイ・ギョム以外の人とは結婚しないと思うようになった。

だが、運命は残酷にも2人を引き裂いてしまった。
ある事件に巻き込まれた彼女は、イ・ギョムではない人と結婚するしかなかった。
結婚後、善人なのが唯一の取柄の夫と子供たちと一緒だったが、彼女は以前のような元気を失ったかのような平凡な妻、そして母になり黙々と自分の前に置かれた人生を生きているだけだった。

ソ・ジユン-現代

韓国美術史の教授を目指していたが、指導教授ミン・ジョンハクと対立したことで、大学を追われてしまう。
偶然見つけたサイムダンの日記を手掛かりに、本物の「金剛山図」を探す。

イ・ヨンエ

サイムダン(少女時代)-朝鮮時代

自然を愛し、絵を描くのが大好きな活発な少女。
アン・ギョンの描いた「金剛山図」を一目見たくて所蔵する家に忍び込み、そこでイ・ギョムと運命の出会いを果たす。

パク・ヘス

宜城君(ウィソングン)イ・ギョム-朝鮮時代

「家」と言う監獄に閉じ込められている自由な魂の持ち主。
生涯サイムダンに純粋な愛を捧げる純粋な男。
愛する女性の影さえも大事に慈しむ朝鮮版“あしながおじさん”。

厳しい大姑母と謹厳な使用人たちに囲まれ、息もできない毎日に窒息寸前の所、1人の少女が壁を超えて家の中に入って来た。
ただ、イ・ギョムの家に飾ってある「金剛山図」を一目見たい、それだけの理由で壁を超えて来たのも驚きだったが、彼女が落として行った画集をめくった時、絵を描くことに関しては誰にも負けない実力と自信を持っていたイ・ギョムも、彼女より自分が優れているとは言えないくらいの天才性が見えた。

彼女との会話は楽しく、お互いが思っている芸術に関しても話し合うことができた。
彼女もそうだったが、イ・ギョムも当たり前のように彼女以外の人との結婚は考えられなくなった。
だが、彼女は口がきけなくなり、別の人と結婚するという青天の霹靂のような噂を聞き、狂ったように馬を走らせたが、既に彼女は別の人と結婚式を挙げていた。

何の説明もなく、理由も分からず運命だと思っていた人との別れが訪れた。
その後イ・ギョムは、10年間ごろつきのように落ちぶれた毎日を送った。
中宗と酒を交わしながら色んな話ができる、唯一の友達とでもいえるイ・ギョムだったが、結局苦しむ民から目を背け、王座を維持することにあくせくする中宗の限界を目撃し、深く絶望する。

ソン・スンホン

宜城君イ・ギョム(青年時代)-朝鮮時代

芸術を愛する自由な魂の持ち主。
「金剛山図」を見るために他人の家に忍び込むほど情熱的なサイムダンに心を奪われる。

ハン・サンヒョン-現代

ジユンの後輩。
講師だったが解雇され、不当性を訴えている。
漢文に精通していることから、サイムダンの日記「寿進坊日記」の読解を進めるジユンにヘジョンとともに協力する。

ヤン・セジョン

朝鮮第11代王・中宗-朝鮮時代

異母兄であり、暴君として恐れられた先代の燕山君が廃されたため、期せずして王座に就いた。
自身も兄のようにいつか臣下によって廃されるのではと常に不安を抱いている。
そんな彼の弱さがギョムとサイムダンを引き裂く事件の発端となってしまう。

ミン・ジョンハク-現代

韓国大学教授。
ジユンの指導教授。
アン・ギョン研究の第一人者。
学長の座を得るため、財閥ソンジングループと手を組む。
「金剛山図」の真贋を巡って対立したジユンを潰すために手段を選ばない。

チェ・ジョンファン

フィウムダン-朝鮮時代

少女時代にイ・ギョムと出会い、想いを寄せる。
が、彼の心にはサイムダンしかいないことを知り、恨みからある事件を引き起こす。
権力と身分を渇望してミン・チヒョンに近づき、上流夫人の座を手に入れるが、再会したギョムが相変わらずサイムダンを想っていると知ってさらに激しい憎悪を燃やす。

オ・ユナ

ソクスン(少女時代のフィウムダン)-朝鮮時代

旅籠の娘だが向学心が強く、独学で文字を習う。
イ・ギョムに淡い想いを寄せていたが、冷たい仕打ちを受けて恨みを募らせる。

ユン・イェジュ

ミン・チヒョン-朝鮮時代

地方官吏だったが、領議政に取り入り、権力の座を手に入れる。
フィウムダンの野望を利用して高麗紙商を独占するなど、市場にもにらみを利かせている。
欲望のためなら手段を選ばない冷酷な人物。

チェ・チョロ



スポンサーリンク


イ・ウォンス-朝鮮時代

サイムダンの夫。
科挙に挑戦し続けているが、意志が弱くすぐに怠けてしまう。
詐欺に遭い、サイムダンの母からもらった家を失う。

ユン・ダフン

領議政-朝鮮時代

ミン・チヒョンに目を掛けていたが、次第に彼の野望に恐れを抱くようになる。
しかし、息子のことで弱みを握られているため身動きが取れない。

ソンジングループ会長-現代

芸術には関心がないが、「金剛山図」を利用して株価を操作するなど、金もうけのためなら不正も辞さない人物。

ソン・ミンヒョン

ソン・ミギョン(ソンギャラリー館長)-現代

ソンジングループ会長夫人。
美大出身で、芸術を解さない夫とは水と油。
ギャラリーに展示した「金剛山図」を国宝に指定させ、夫とは違う野望を叶えようとしている。

キム・ミギョン

チョン・ミンソク-現代

ジユンの夫。
ファンドマネージャー。
投資会社を経営していたが、ソンジングループの策略に巻き込まれ、すべてを失って身を隠す。

イ・ヘヨン

キム・ジョンヒ-現代

ジユンの姑。
ジユンの仕事に理解を示していたが、大学を解雇されたと聞いてショックを受ける。
家計を助けるために始めた化粧品販売で思わぬ商才を発揮する。

キム・ヘスク

シン・ミョンファ-朝鮮時代

サイムダンの父。
政争に破れて故郷の江陵、烏竹軒で書堂を開きながら隠居生活を送る。
湯治の途中で近くに立ち寄った中宗から詩を贈られるが、それが波紋を呼ぶことになる。

チェ・イルファ

大伯母イ氏-朝鮮時代

父を亡くして困窮していたイ・ギョムを引き取って育てる。
ギョムが結婚して落ち着くことを望んでいる。

パン・ヒョジョン

コン氏夫人-朝鮮時代

ヒョルリョンの書堂仲間、テリョンの母。
全羅道の穀倉地帯を掌握する名家の夫人。
サイムダンと仲良くなる。

コ・ヘジョン-現代

ジユンの親友。
国立中央博物館保存科学部に勤める。
ジユンが入手したサイムダンの日記「寿進坊日記」の修復作業を手掛ける。

パク・ジュンミョン

イ・フ-朝鮮時代

イ・ギョムの従甥。
ギョムを敬慕し比翼堂の運営に携わる。
大伯母からギョムの見張り役を言いつけられている。

ユン・ジュンソン

内禁衛将-朝鮮時代

中宗の忠実な護衛武士。
中宗を守るためにすべてを捧げる。

パク・ジョンハク

師任堂(サイムダン)色の日記-あらすじ-全話一覧-最終回まで

師任堂(サイムダン)色の日記

スポンサーリンク