韓国ドラマ 王女の男-あらすじ-17話~18話-最終回まで

2019年7月11日

韓国ドラマ-王女の男-あらすじ-17話~18話-最終回まで
王女の男がBS朝日で放送予定!
キャストと相関図も紹介でネタバレ!!
動画も人気でオススメの王女の男!
視聴率24.9%%超えの王女の男をネタバレ!
人気のオススメの韓ドラ!王女の男を各話づつのあらすじを最終回まで配信していきます!

このページは韓国ドラマ、王女の男のあらすじとキャストと相関図のページです。
王女の男のあらすじ17話~18話をネタバレ注意でお届けしています!
韓国ドラマファンのためのネタバレ情報ブログです!
王女の男がBS朝日で放送予定!
全24話構成で放送予定のあらすじをネタバレ注意で配信中!!

☆ 王女の男 概要 ☆

韓国ドラマ 王女の男
朝鮮時代の癸酉靖難(※下記参照)を新しく解釈した作品で、キム・ジョンソの息子キム・スンユ(パク・シフ)と首陽大君の娘セリョン(ムン・チェウォン)との悲劇的なロマンスを描く。
朝鮮版「ロミオとジュリエット」。
別名は「姫の男」。

※癸酉靖難(ケユジョンナン)とは、第6代国王・端宗の即位1年後に、幼い国王の叔父にあたる首陽大君(後の第7代国王・世祖)が、ファンボ・イン、キム・ジョンソらの大臣を殺害して政権を奪取した事件。

☆ 王女の男-あらすじ-17話~18話 ☆

☆ 王女の男-あらすじ-17話 ☆

スンユに会いに行ったセリョンは、彼を義姉リュ氏と姪アガンの所へ連れてゆく。
死んだと思い込んでいた家族と再会でき、喜び合うスンユとリュ氏。
だがスンユは、引き合わせてくれたセリョンに感謝しつつも、会うことはこれきりにしようと告げる。
セリョンが、自分が復讐を誓う敵(かたき)の娘であることは動かしようのない事実なのだ。
初めは王女となることを頑なに拒んだセリョンも、運命を受け入れ宮廷で暮らすことに。

☆ 王女の男-あらすじ-18話 ☆

スンユたちが父スヤン大君を討つ計画であることを知ったセリョン。
多くの命を奪った残酷な人間であっても、セリョンにはかけがいのない父親。
その父の命を、愛するスンユが奪おうとしている。
父を助ければスンユが死に、スンユを助ければ父が死ぬ。
二人の間で悩み苦しむセリョン。
彼女の苦悩を察するスンユは、セリョンに自分のことを忘れるよう告げる。
そんな彼にセリョンは、一緒に見知らぬ土地へ行って暮らそうと言う。

王女の男の前回と次回のあらすじ・全話一覧

韓国ドラマ-王女の男-あらすじ-15話~16話-最終回まで

韓国ドラマ-王女の男-あらすじ-19話~20話-最終回まで

韓国ドラマ-王女の男-あらすじ-全話一覧-最終回まで

王女の男 キャスト・相関図

韓国ドラマ-王女の男-登場人物とキャスト&相関図

スポンサーリンク

☆ おすすめの韓国ドラマ ☆

韓国ドラマ-オススメ-あらすじ-全話一覧-最終回まで