韓国ドラマ ヨンパリ あらすじ 放送予定 15話~16話

2019年7月2日

韓国ドラマ ヨンパリ あらすじ 放送予定 15話~16話を紹介!
ヨンパリをネタバレでキャストと相関図も紹介!
動画も人気で好評のヨンパリがBSで放送予定!
最高視聴率21.5%の作品「ヨンパリ」がOSTも人気の韓国ドラマ!

このページは韓国ドラマ、ヨンパリのあらすじの15話~16話とキャストと相関図のページです。
ヨンパリのあらすじをネタバレ注意でお届けしています!
韓国ドラマファンのためのネタバレ情報ブログです!
キャスト、相関図・予告動画も記載で関連商品ももあわせて紹介!
全18話構成で放送予定のあらすじをネタバレ注意で配信中!!

【ヨンパリのあらすじと概要】

韓国ドラマ ヨンパリ
義兄から命を狙われ3年間眠らされていた財閥令嬢と、その担当医師となった若き天才外科医。
緊迫した協力関係の中で芽生える危険で甘い愛の行方から目が離せない!

豪華な演技派俳優たちが脇をかため、先の読めないスリリングなストーリーを、時にドラマチックに、時にコミカルに彩る!
「リセット」の脚本家チャン・ヒョクリンと「結婚の女神」の演出家オ・ジンソクという斬新な組み合わせが生み出したスリルとロマンスが交錯するノンストップドラマ!
SBS演技大賞6冠獲得&最高視聴率21.5%記録!好評につき2話延長され名実共に兼ね備えた超話題作!

天才的な手術の腕前を持つテヒョン(チュウォン)は、昼は外科の研修医、夜は“ヨンパリ”として裏社会の人間を相手に違法往診を行っていた。
ある日、テヒョンの秘密を知ったイ科長にその腕前を買われVIPフロア勤務になったテヒョンは、フロアのさらに奥、厳重な警備で固められた病室に財閥の令嬢が入院していることを知る。
その財閥令嬢・ヨジン(キム・テヒ)は恋人を失った悲しみで自殺をはかって以降、兄ドジュンの企みで3年もの間、強制的な昏睡状態にされていた。
覚醒しかけている意識の中で救いを求めていたヨジンは、新たな担当医師となったテヒョンに自らの運命を託し、目覚めの時を迎えようとしていた……。

【ヨンパリ あらすじ 15話~16話】

☆ ヨンパリ 15話

テヒョンはヨジンが言っていた、監獄に閉じ込めた人間たちをすべて断罪すると言う言葉を思いだしていた。ヨジンのために買った指輪をつめ連絡する事を躊躇していた。

ヨジンもテヒョンの言葉を思いだしていた。

テヒョンはチェヨンの電話を受けた。助けて欲しいとの電話で慌てて病院へ駆けつける。一方ヨジンはテヒョンがチェヨンと電話し家を出て行ったことを知る。

チェヨンは泣きながら夫を助けて欲しいとテヒョンにお願いする。

トジュンの手術はうまくいった。ヨジンは朝食を食べ終えると動きだした。

トジュンはヨジンのいた部屋に運ばれた。

チェヨンはそれを知り激昂する。ヨジンはそれを横目に無言のまま部屋に入って行った。

ヨジンはトジュンに声を聞かせるために投薬を半分にさせ、話しかけた。

このまま3年たった後、頚動脈を切ってあげると言うのだった。

ヨジンは出社し、株主総会が開かれると全会一致で代表理事就任が認められた。

☆ ヨンパリ 16話

チェ会長はヨジンに、ドジュンの命を奪わなければハンシングループと戦争を始めると脅迫を受ける。すぐに会社に駆け付けたヨジン。

ヨジンは能力を発揮し、実務陣を率いるとチェ会長の不意を付いて熾烈なマネー戦争を勝利したのだった。

その頃、テヒョンはドジュンを病院から助けだすとチェヨンと共に海外に逃がそうと計画していたのだった。

テヒョンはイ課長とボディガードの助けを借り、ドジュンを連れだすことに成功する。空港で待っていたチェヨンの元に救急車で運ばれていくドジュンは、その途中で目を覚ます。

しかし状況を理解できず、助けようとしているテヒョンに攻撃する。

そしてテヒョンの話を信じないまま、チェ会長が送った人物との取り引きをし刺されて亡くなってしまう…。

全てはヨジンの思惑通りだったのだ。

ヨジンはテヒョンの計画も、秘書室長がチェ会長にドジュン脱出を報告した事も気が付いていたのだ。ヨジンは復讐の化身になってしまっていたのだ。

そんなヨジンを変えることができないと感じたテヒョンはヨジンの元を去ることを決める。

ヨンパリ 前回と次回のあらすじ・全話一覧

韓国ドラマ ヨンパリ あらすじ 放送予定 13話~14話

韓国ドラマ ヨンパリ あらすじ 放送予定 17話~18話(最終回)

韓国ドラマ ヨンパリ あらすじ 放送予定 全話一覧

ヨンパリ キャスト・相関図

韓国ドラマ ヨンパリ キャスト 相関図

ヨンパリ-予告動画-関連グッズ

ヨンパリ-予告動画

ヨンパリ-関連グッズ

☆ おすすめの韓国ドラマ ☆

韓国ドラマ-オススメ-あらすじ-全話一覧-最終回まで